幼馴染、サークル仲間、会社の同僚など、一緒に共有する時間が長く、「自分は彼女が好き」…自分の気持ちに気づいていても…告白するいいたらない。

今の関係を壊しくたくない…友達あるいは仲間という関係以上に発展させることができない…こういう状況の男性は珍しくないと思います。

「キミは僕が守る」

この言葉上手に使ってみませんか?

今回紹介させて頂くのは…「いい人」から「特別な人」へ…読者様の一発逆転の方法です。

イラスト画像1107④

◆「友人」ではなく自分を「男」としてみてもらう

日常的に過ごす時間が長ければ長いほど…信頼される関係になればなるほど…彼女にとって読者様は「友人」という立場に定着してしまい…彼女の「恋」の対象としてもらえなくなる…。


最初に…彼女の意識を変える必要があります。

読者様は…簡単に言うけど、それができたら苦労しない。こう心の中でつぶやくかもしれませんが…たった一度しかない無い人生、それで良いのでしょうか?

私はバーテンダーとして恋愛は勿論、離婚、失業、死別など…お客様から「後悔」の気持ちの告白を19年間聞き続けました。

時間は戻ってきません。誰でも平等に。

私のような「人の話を聞く仕事」は人生の潤滑油と人から例えられます。

人は「話」をすることにより…気持ちを整理します。

もしも、縁があって私のようなバーテンダーの接客を受ける際…

「昔ね…」から始まり

読者様がお話を一通り終わった後…

「後悔」

の気持ちでお酒を飲む事は避けて欲しい…。

管理人は読者様に切に願います。

◆彼女の視点を変化させるために

「彼女を守る作戦」を読者様に実行して頂きます。


前置き少し重くなってしまいましたね。ここで解説する方法はそんなに難しい方法ではありません。ただ…知っていても誰もやらない…やり方をしらないだけだと管理人は思います。

「あれ?〇〇ってこんなに男らしかっけ?」

〇〇は読者さまです。彼女にこう思わせるよう、ちょっとした大人の演出をしてみましょう。

読者様は「ナイト」の役目です。

自分に興味のない女性を振りむかせる方法 3回「偶然」を作れ!では女性が「運命」と感じる瞬間を作る方法を…手に入らない女を落とす方法「運命」の使い方では「運命」の演出の仕方を紹介させて頂きました。

女性を「口説き方」というのは言葉の選別ノウハウではありません。

「演出」のやり方です。

◆「ナイト」の役目

「俺はキミを守る」…告白の言葉を頭にイメージして行動に移します。

イメージすること…頭の中に「俺はキミを守る」と言っているご自身を思い浮かべて彼女と接するだけ…読者様ここが非常に重要になります。

目標の言葉を彼女につぶやく読者様のイメージが鮮明であれば、あるほど…頭の中でリアルに映像化できれば、できるほど…彼女にとって「いい人」から「特別な人」へと変化が訪れます。

たとえば、車の通りが激しい道を歩く際は、読者様は車道側を歩く。

上りエスカレーターに乗る時は先に行かせて、読者様は下になるよう心遣いをみせる。

難しいことでしょうか?

二人で道路を歩いている時に彼女が車両側を歩いていたら…彼女を引き寄せてあげて下さい。

そして、読者様ご自身は車両側を歩いて下さい。少しだけ強引に引き寄せるのがポイントです…。

エスカレーターの際には読者様が後ろ向きの彼女に話しかけて下さい。

後ろを振り向こうとした彼女の背中に手のひらを添えます。

「子供じゃないんだから…危ないよ」こんな言葉を彼女にかけてあげましょう。

また、力仕事の際は「俺持つよ…無理するな」と仕事を彼女と変わってあげたり、重そうな荷物を持っていたら変わって持ってあげたり…こんな「ベタ」な行動でもいいんです。

段差で手を差し伸べる…「そこ危ないよ」と一声かける。

本当にちょっとした「行動」で…女性をドキッとさせることができます。初対面でも。

本当に古典的な方法ですが…シンプル、かつ王道な「ナイト」ぶりは、いつの時代になっても女性の支持は多いんです。


また、管理人のような接客業では「接客ノウハウ」として受け継がれています。

「キミは僕が守る」

読者様の一発逆転の方法に「彼女を守る男になる」作戦はいかがでしょうか?

管理人はオススメします。

◆まとめ
①「友人」ではなく自分を「男」としてみてもらうためには「彼女の意識」を変える必要がある。
「キミは僕が守る」…告白の言葉を決めた読者様は好きな女性の対応に変化があらわれます。
「あれ?〇〇って…こんなに男らしかったっけ?」…いい人から「特別な人」へと「彼女の意識」に変化が訪れます。
④①~③を理解し頂いた読者様に「彼女を守る男になる」作戦を管理人はオススメします。

「キミは僕が守る」

この言葉と想像力を使えば…このコンテンツを読んでいる読者様…読んで頂いた男性、それぞれ違う行動をとることとなります。

読者様の好きな女性は…どんな行動をしてくれる男性を「ナイト」として…「特別な人」として意識するのでしょうか?

管理人ブログは一貫し…「女性は自分の話しを聞いてくれる」男性を好きになる。と解説しています。

※関連記事
女性を誘うテクニック デートの承諾率を上げる なぜ「聞き上手」になるのか?
女性があなたを好きなる会話の方法 楽しい会話とは何なのか?


「彼女を理解する」する…ここが起点になります。

また、告白のイメージが鮮明であればある程、接し方、対応方法に変化があります。好きな女性が身近であればあるほど…共に過ごした時間が長ければ長いほど…友達以上の関係になることができない…。

「告白の言葉」が思い浮かばない…「特別な人」になるためどういう対応をしていいかわからない…

ここが多くの男性の悩みの原因ではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加