30代男性で結婚を意識し婚活をしても、恋愛経験が少ない、全くない。といった人は非常に多い。出会いはあっても意中の彼女にどう接していいかわからない。出会い目的の婚活パーティーはライバルとの闘いです。アラサ―世代は意中の女性を口説くために他の男とはっきりとした差をつけなければいけません。

イラスト10/29-2

今回紹介するのは…ほかの男と差がつく女性の簡単な「ほめ方」です。

以前女性は「自分の話を聞いてくれる男を好きになる」「最初は、自分が話すよりも相手に話をさせるほうがいい」といった心理やテクニックを複数紹介しましたが、いわばこれは準備段階。記事内の言葉の選び方や相槌のうち方を覚えただけでも読者様は他男性ライバルより一歩目立った存在になります。今まで彼女ができなかった自分から「女が好む」自分に変化していきます。

相手を否定しない会話。女性が「ホッとする」「この人と話せてよかった」と意識的に思わせ、次の段階…女心を「面白いほど動かす」会話術の段階に入ります。

口説き落とす王道テクニック…「ほめる」


こんな当たり前のことは誰でも知っていますが…職業柄30代未婚男性が間違っているのが「ほめ方」です。「ほめる」ことが女性に効果的でも…みんなができる「ほめ方」をしても、「その他大勢のライバル」と一緒。

顔から始まり全身を観察し、まずは容姿から相手をほめる「場所」を探すのが代表的傾向。「ショートカットが似合うね」、「目がぱっちりしてかわいい」これは誰で気づき…言葉にできます。これではあまりにも芸がない。言われ慣れている女性なら「面白みのない男」とレッテル張りされるオチでしょう。

また、男性がほめたつもりの「場所」が女性のコンプレックスというパターン。「口元のえくぼがかわいい」と言ったところ、女性本人にとっては産まれてからの悩みの種だった…触れてほしくない話題だったケースなどこの手の話しは本当に多いです。大人の成熟した女性なら「ありがとう」と言いますが社交辞令…その他大勢から人気がある彼女と親密な関係。ライバルと差をつけるためには違う切り口の「ほめ方」が必要です。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加