今回は失恋の孤独感の克服のため、失恋のストレスをバネにして、「なりたい自分になる」を克服方法と考え方を紹介します。失恋は人生を変える大きなチャンスです。ソクラテス、ジェームス・アレン、シェイクスピア…多くの歴史の偉人たちは失恋から大きなエネルギーや、ひらめきを得て今まで残るような偉業、作品を残しました。

「逆境には同等か、それ以上のチャンスが潜んでいる」

これは事実です。ソクラテス、ジェームス・アレン、シェイクスピアは失恋を経験したからこそ後世に残る哲学、文学作品を残しました。日本では与謝野晶子、三島由紀夫など身近にたくさんの失恋バネにした偉人がいます。

『相手を責める』
『自分を責める』
『あの時ああそていれば…』

現在こんな考えになっていませんか?孤独を感じる時間…帰宅してからの自由時間、気が抜けた瞬間…自動的にそんな考えに頭が支配されるのは…多くの人が耐えがたい時間です。失恋の孤独感は、感情が行動に表れます。身体の機能にあらわれます。結果…一日の多くの時間があなたの生活に悪い影響をあたえ…負のスパイラルにおちいるきっかけになります。

失恋の孤独感に対する対処方法の例


失恋に対しての対処方法は人によってさまざまです。捕まった蝶のようにバタバタもがく人もいれば、イカのように墨を吐いて逃げる人もいたり、ダンゴ虫のように丸くなって固まってしまう人もいます。それでうまく回避できる場合もありますが、時にはその反応パターンが災いして、事態をますます悪化させて抜け出せなくなってしまう人もいます。

  • 克服するためのキーワードは…セルフコーチング

コーチングとは「相手の夢や目標を実現するためのコミュニケーション」と思ってください。

セルフコーチングとは、あなたの自分自身の目標に向けて自分自身に問いかけ「答え」や「気づき」を引き出し、使えるエネルギーを投入して障害を乗りこえていく。この自分自身とのコミュニケーションのプロセスのことをセルフコーチングと言います。あなたはこんな事を考えた事はありませんか?

「自分はもっと成長できるんじゃないだろうか?」
「この夢って本当にかなうのか?」
「一度しかない人生を思いっきり生きたい!」

セルフコーチングとは、自分のなりたい自分になるための、考え方のトレーニング方法とも言えます。
書籍や、ネットなfどで検索すると良書、ノウハウは沢山出てきます。

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加