意外と難しい『会話』という作業前回記事に引き続き、異性とのコミニケーションのお役に立てばと思い記事をアップします。

初対面で何を話して良いかわからない。会話が続かない。コミニケーションに苦手意識を持ってる読者様へ。

当ブログは『出会いがない社会人のためのプログ』です。社会人になってから、彼女がいない…彼氏がいない…そんな人に効果抜群の会話術のコツを紹介します。

好きな人と上手く話せない…バーテンダーの会話術友人同士の言葉と、接客する際の会話の実例をあげました。

そして『会話』は言葉のキャッチボール…コミュニケーションとはお互いの意志疎通を意味します。
例文は気心の知れた友人や家族同士の会話内容です。

お互いに長い時間共に過ごし、共有する思い出もあり、お互いに五分五分の関係なら何も問題ありません。
お互いにストレスがない気持ちの良い関係です。

お互いに自分の話をしているだけですから。

家族やお互いの共有時間が長ければ否定はしません…。

むしろこういう五分五分の関係の人間関係は人生を豊かにすると思います。

社会人になってから、好きな異性…彼氏にしたい男性、彼女にしたい女性に声をかけるときに、上記の様な『友人と身内の会話』の経験が人生の大多数なら…どう対処すれば良いでしょうか?…逆にどう対応できるでしょうか?

人の懐に入る…その人のかけがいのない人になるためには…どうしてもしなくてはいけない…2つの重大ポイントがあります。


『声をかける事』。
『相手を知る事』



たった…2つの事だけです。


会話が苦手な方…できないという意識を持っている読者様…。ここがポイントになります。

初対面の会話、気になる異性との会話で…

『私(あなた)の事を知って欲しい、理解して欲しい』

…は除外して下さい。


…次の記事をアップする前に…1つだけ読者様に自分自身の…確認して欲しい事があります。


自分の話したいこと(自分の事)を会話にしていないだろうか?

相手の会話内容…相手の使用した言葉を覚えているだろうか?…この2点です。



身内でも、友人でも同僚でもショップの店員さんでも構いません。自分を変えたい。

会話術を身に付けたい。そんな人の力になれれば幸いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加