今回は失恋の孤独感の克服のため、失恋のストレスをバネにして、「なりたい自分になる」を克服方法と考え方を紹介します。失恋は人生を変える大きなチャンスです。ソクラテス、ジェームス・アレン、シェイクスピア…多くの歴史の偉人たちは失恋から大きなエネルギーや、ひらめきを得て今まで残るような偉業、作品を残しました。

「逆境には同等か、それ以上のチャンスが潜んでいる」

これは事実です。ソクラテス、ジェームス・アレン、シェイクスピアは失恋を経験したからこそ後世に残る哲学、文学作品を残しました。日本では与謝野晶子、三島由紀夫など身近にたくさんの失恋バネにした偉人がいます。

『相手を責める』
『自分を責める』
『あの時ああそていれば…』

現在こんな考えになっていませんか?孤独を感じる時間…帰宅してからの自由時間、気が抜けた瞬間…自動的にそんな考えに頭が支配されるのは…多くの人が耐えがたい時間です。失恋の孤独感は、感情が行動に表れます。身体の機能にあらわれます。結果…一日の多くの時間があなたの生活に悪い影響をあたえ…負のスパイラルにおちいるきっかけになります。

失恋の孤独感に対する対処方法の例


失恋に対しての対処方法は人によってさまざまです。捕まった蝶のようにバタバタもがく人もいれば、イカのように墨を吐いて逃げる人もいたり、ダンゴ虫のように丸くなって固まってしまう人もいます。それでうまく回避できる場合もありますが、時にはその反応パターンが災いして、事態をますます悪化させて抜け出せなくなってしまう人もいます。

  • 克服するためのキーワードは…セルフコーチング

コーチングとは「相手の夢や目標を実現するためのコミュニケーション」と思ってください。

セルフコーチングとは、あなたの自分自身の目標に向けて自分自身に問いかけ「答え」や「気づき」を引き出し、使えるエネルギーを投入して障害を乗りこえていく。この自分自身とのコミュニケーションのプロセスのことをセルフコーチングと言います。あなたはこんな事を考えた事はありませんか?

「自分はもっと成長できるんじゃないだろうか?」
「この夢って本当にかなうのか?」
「一度しかない人生を思いっきり生きたい!」

セルフコーチングとは、自分のなりたい自分になるための、考え方のトレーニング方法とも言えます。
書籍や、ネットなfどで検索すると良書、ノウハウは沢山出てきます。

失恋の孤独感を克服するための二つの秘訣


失恋後のデリケートな心を治める2つの方法

【自分を責めない】
あなたの人生はあなた自身のための貴重な時間です。今の時間は2度と戻ってくることはありません。これは、自分を責める時間はエネルギーの浪費でしかないともいう事ができます。自分自身を刃物で刺すような気持ちは、自分の身体を刃物で刺すことと一緒です。感情の乱れ身体の不調にあらわれます。自分のことを責めることと、反省は違います同じことを2回繰り返さなけれれば、十分すぎる糧になります。

【本当になりたい自分を想像する】
こんな人と出会ったら…こんな経験をしてみたい。来年はこんなことをチャレンジしてみたい。旅行で○○に行きたい。小さな事で構いません。小さな自分のやりたいことを書きだしていきます。

今回失恋したのはあなたが自分を見つめ、気づきをうむ人生のチャンスです。もう一度自分の理想のパートナーを真剣に考え直すチャンスです。ビジネスの成功、健康面。本当に自分自身が望むことは何なのか?

一度、人生の休憩をとる時間です。

※関連記事
元カノの未練から復縁を考えてしまう 復縁トリガーのきっかけ

  • まとめ

失恋の強い孤独感を克服するためには、あなた自身がどうなりたいか目標を考える時間に置き換えることです。

自分を責めず、いまの自分を活かして幸せをつかむ!なりたい自分を目標に決め少しづつすすむ時間を積み重ねることが、失恋の克服と孤独感を感じる時間を想像的な人生に変化させる工夫だと思います。

新しい出会いは人生を豊かにします。今はゆっくり休憩しましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加