社会人になってから早10年以上たつ30代。昔と比べると「随分体型が変わってきたな…。」と感じる方が多いのではないでしょうか?

お腹周りは勿論ですが、30代になると首回りに注意が必要です。

新社会人になりたての給与では、洋服にかけられる金額は皆さんそれぞれ事情があります。また30代未婚男性で余裕のある生活のかたもいれば、既婚者で子供にかかる費用捻出のために、常に節約する読者様もいると思います。

10月に県庁に勤める30代未婚のお客様から相談を受けました…。

「ちょっと相談なのだけど…上司から女の子を紹介されるんだ。…何着てったらいいと思う?」


イラスト10/29-1


お見合いならスーツが相場ですが、聞けば上司はお洒落でカジュアルなカフェが好き。

上司と女性と合流するのもお洒落なカフェ。スーツではなく、普段着で来るようにと上司からお願いをされたのが悩みのきっかけでした。

相談をして頂いた30代のお客様は…女性と話すのは職場のみ。という男性客です。大学を出てからは車が趣味。休日のドライブ、連休を使った旅行の話題が多く車が「大好き」な〇〇さんは公務員、仕事帰りにふらりと立ち寄るためワイシャツ姿しか見たことがありません。

身長180センチ昔は柔道で身体を鍛えていたため、太い首周り。日頃から合うサイズの洋服選びに四苦八苦しています。丸型の形のTシャツはカジュアルすぎる。しかも首周りにあわせると…ダボダボ…どうにも絞まりません。

体型に合わせると…今度は首周りが「きつい」。

女性とのお付き合いした経験もあまり多くない…〇〇さんピンチです!

しかしっ、ピンチはチャンス!

私がオススメしたのは…

「せっかく身長が高いなら、自分の体型にあったオーダーメードのシャツなんてどうですか?」

管理人の制服は白いワイシャツに蝶ネクタイが基本です。

ワイシャツの上にベストを着るため首周りは特に気をつけます。えりは首に近い部分でもあり黄ばみや汚れは特に気を使っています。

熟練の職人が一着一着自分だけのために作った白いワイシャツは管理人の必須アイテムです。

管理人は、なで肩で数センチですが、一般男性より少しリーチがあり既製品では袖が合いません。

技術職のため、手の感覚は非常に重要です。

バーテンダーの技能コンクールに参加する際、ワイシャツのサイズが合わず相談したのは、駅近くの百貨店でした。

管理人がオーダーメイドのワイシャツを作ったのはこの時が初めて。手取りの金額が少ない当時は非常に高い買い物だと感じましたが…口元のほくろが色っぽい女性店員の笑顔とセールストークと決め台詞に負けました…

「お客様だけのために作られたワイシャツは、必ずお客様のステータスをあげてくれますよ。」

自分に自信がない…なで肩、手の長さのコンプレックス…年上で医師、弁護士、裁判官のお客様達…可愛い女の子と付き合いたい願望も手伝って購入しました。

インターネットで簡単に現在はオーダーメートシャツは見つけられます。

今回紹介した公務員のかたの特殊なケース…しかもお見合い、上司の紹介…そして首周りのサイズで量産型のサイズを選ぶと体型に合わない。

スーツ着用は条件に入っていない…相手に好感触を与えたい。

普段着としてカジュアルに着こなせる、身体にあった襟付きのワイシャツ。

ここで…


「自分だけのための一着」


を作ることに…。

社交場で恥をかかないための、大人の男のお洒落です。

洋服のデザインを見て選ぶ手間。価格を比較する時間。なにより体型にあったサイズ…採寸やデザインは最初面倒に感じるかもしれません…。

社会人の常識ですが、一般的に30代で社交の場を出席する場合、襟の付いていない洋服を着る事はあまり良い印象を与えません。

ゴルフシャツは必ず襟がついています。良く聞く名言ですが…

「男たるもの伸士であれ。」

紳士の国イギリスをはじめ、ヨーロッパで社交の場で襟のない服を着てパーティーなどの社交の場に出席するのはマナー違反です。

相手に気を使っていない証拠になります。

日本で30代男性は常識やマナーを強く求められます。

婚活や出会いの場にマメに顔を出すようになると実感しますが…もてる男は「体型にあった」シャツを着ています。

管理人のように体型や学歴にコンプレックスを持っていたり、社交場に行けば行くほど「あれ?俺みんなと違う?」そんな違和感を感じる時は自分の背格好よりも洋服を観察すると発見、勉強になります。

生地やデザイン…ボタンの選別まで自分で指定し、職人に作ってもらうのはハードルが高いかもしれません。

しかし…海外、特にヨーロッパでは、オーダーメイドシャツを着こなすことは、ハイクラスな紳士の条件の一つです。

また、今の自分…一人だけのために体型にあったシャツを作ることは…

ビジネスをプラスに…そして、私生活で自分を魅力的に演出してくれます。

管理人が利用するのは…Original Stitch社を利用します。

公式ホームページに「シャツをデザインする」機能はまさしくゲーム感覚です。

生地の色、素材の指定をはじめ、細かい所だとボタンの指定までできるのでシャツ選びのイメージがふくらみます。

通販は商品が届くまでのワクワクとした期待感が楽しめますが、自分がデザインした、自分だけのオーダーメードシャツというと…これは別格の期待感です。

今回紹介したお客様は、カジュアルに着こなせるワイシャツをオーダーしました。

管理人は現在30代後半です。

…愛用する勝負シャツと制服はオーダーメードです。

体型に合わせた服は数着あれば十分だと感じていますが…

「ここで決めなくちゃ…男じゃない!」

そんな30代の勝負の時に自分の体型にぴったりのオーダーシャツを着るのは…

自分が他人から良く思われたいと思う表れだと自分の内面を見て思います。

Original Stitch社のオーダーメードシャツの価格は1万円以下です。

…Original Stitch社のシュミレーションソフトは無料で簡単に利用できます。

30代の自分がこのシャツを着るとどんな風に変化するのか?

人からすすめられて購入しても味気がありません。どうせならワクワクするようなイメージが湧いてから買ったほうが愛着と自信に繋がります。

画像1021-4

常識のある30代は安物のワイシャツは似合わない。

できる男は自分の個性を最大限にアピールするために…オーダーメイドシャツを選択するのかもしれませんね。

サイズを入力するのは面倒かもしれませんが、このシュミレーションソフトは…面白いです。

想像力が形になります。

楽しめる「紳士の試練」と考えるのもいいかもしれませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

original stitch社の公式ホームページリンクです…シャツのオーダーは人生のオーダー【Original Stitch】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加