結婚適齢期と言われている20代後半から30代、「職場に女性が存在しない」そんな環境の男性が19年間接客をしていて非常に多いと感じます。それは女性にもあてはまります。周りの同級生が次々と結婚していく…実家に帰るとプレッシャーを感じる…30間際というのは結婚問題に本気で悩みはじめる時期かもしれません。

今回紹介するのは少し特殊なケースです.「職場に女性が存在しない」+今まで女性との縁がまったくなかった29歳の男性。懇意にしている常連様です。

このお客様が感じた婚活にあたっての問題点、お酒の席で提案した改善点を紹介させて頂きます。

※このお客様は2016年2月に無事結婚しました。

結婚式で私が号泣したのは内緒です…。

本をよむ 

女性と関わるのはその場のみ…プライベートな付き合いは0


少し特殊だと感じるのは、「女性と隔離された人生だったんだ…このお客さん」…生い立ちや今までの生活環境を聞けば聞くほど強くそう感じる男性客でした。本人も自覚しているのが「両親」の厳しい教育方針です。いい大学に入り、大きな大企業に就職すれば将来は安泰…将来のために幼い頃から教育に力を入れ、学生時代は勉強ばかり。

大学の受験戦争に集中するために、塾に通い、「いい大学に入り有名一部上場企業に就職する」ため有名進学校の男子校に入学。無事に大学卒業後、地元の公務員。

そこで私が接客しました。

本人の良く使う言葉が印象的でした。

「隔離」

「女性は邪魔」

「僕は女性から隔離された生き方だったのかな?」

「母親からしたら勉強に女は邪魔と思っていたのかもしれない」

読者様はこの言葉を聞いてどう思われるでしょうか?

大学に入り生活は大きく変わりました。

まず一番多感な10代中盤から20代前の多感な時期に「女性から隔離された」環境の彼は…地元から離れ親の目の届かない場所で生活します。そしてアルバイトをはじめたのです。ですが…女性と今まで関わることのなかった男性は…大学時代から婚活を始める29歳まで…女性とプライベートなお付き合いは一切ありませんでした。

女性と関わるのはその場だけ…女性との付き合いは親戚含め無縁…という「生き方」をずっと続けています。

読者様はなぜだと思いますか?

問題点と改善点


8年ほど定期的にお話していますが、まず思うこと…女性に対してどういう対応…話し方…声をかけていいかわからない。という事実です。

私の勤務する飲食店カウンターでこの男性客の隣に女性を案内することがあっても彼は自分から積極的に話しかけることはしません。「積極的」というのは口説くといった意味ではなく…会話に入ってこないということです。カウンター8席の小さな店舗です。にこやかに話す中年バーテンダーと明るく話をしてくれる20代女性客。

女性客となりに無言でグラスを傾けずっとグラスの中のウィスキー(麦芽が主材料のスピリッツと呼ばれるアルコール度数の高い蒸留酒…40度~)を飲み続ける29歳男客…。

正直やりずらい…楽しい場を作りずらいと管理人は思いました。

女性客が帰った後に…

「申し訳ない…どう対応していいのかわからないんだ…」

と私に声をかけた29歳男性客…。

私は思いました。

この人は悪い人じゃない…。

お酒を飲んで頂いていますが…柔らかく伝えたことがあります。

「まず学業は非常に大切なことです。〇〇さんは今まで学業を一生懸命学んできて…代償として女性との対応方法、接し方が少しだけ他の人より苦手なだけですよ。」

「女性と話す。ってあんまり意識しないで肩の力抜きましょう。あんまり女性女性と意識しすぎると緊張してしまってなかなかしゃべれませんよ。深呼吸しましょう。」

「女性との関係がその場限りになるのは…会話が続かず連絡先好感までまで進まないからだと思いますよ。まずは目を見て相槌を打つことから始めましょう。」

大きな問題点は「女性との会話の経験値」が普通の人より圧倒的に遅れているということです。改善点としては「女性との会話の経験値」を増やす行動をとること…女性と会話ができない…だれでも簡単にできる3段階克服法で紹介しましたが…

「女性と目を会わせられない」

「学生時代以来、プライベートな会話を女性に話したことがない」

「女性と会話しようとすると頭が真っ白になってしまう」

女性と会話ができない典型的な男性モデルです。

なにより女性と話す時に自分の「先入観」を捨てるトレーニングが必要です。

まとめ


①女性女性と意識するあまり緊張してしまう場合は「女性との会話の経験値」をあげるためのトレーニングをすること。

②女性とその場限りの関係、プライベートな付き合いがない原因は会話が続かず連絡先交換までいたらないという結果に。

結婚意識をもつなら結婚相談所を利用することも手段の一つです。女性慣れしていない男性がいるように、男性慣れしていない女性も必ずいますからね。

芸能人「高倉 健さん」は口数は少なくても魅力的な男性の一人です。

しかし「気遣い」「聞き上手」ということはあまり知られていません。

話すことが苦手なら「話を聞く」という傾聴のスキルを身につけるのも今後の出会いを楽しむきっかけになると管理人は感じています。

ブログ記事内に男女の会話ノウハウや出会いがない社会人が出会うきっかけになるヒントを沢山書いていきます。

職場に女性が存在しない場合、結婚を意識する年齢になると出会いがなくて焦ってしまいますが…独身男性皆さん共通の悩みです。

30代男性で一度飲みにいくお金で気軽に婚活をすることが可能です。

遊びの感覚で気軽に出会い、婚活のトレーニングをするのも一つの方法かもしれませんね。

※参考記事…pcmaxで恋活婚活/1000円でできる出会いのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加