社会人になって20代後半30代になると実家に帰るたび…「早く結婚しろ」と言われる方が多いと思います。

近所からもプレッシャーをかけられる人が多いのではないでしょうか?

結婚適齢期の男性女性ともにご両親を大切に思っていればいるほど…真面目な方であればあるほど…

「早く安心させてあげたい」

「孫を抱かせてあげい」

…ご両親に感謝の気持ちが強ければ強いほどご自身に対してプレッシャーを必要以上に感じてしまいます。

また…「生きるには結婚しかない…」経済的、家庭環境などでそんなふうに「悩み」をもつ方も沢山いる現実があります。

失業や転職などで…


「こんなはずではなかったのに…」


後悔や失敗の感情が引き金になり現状の経済面の問題を「結婚」すれば解決すると考えるのは誰でも持っている人間の一面だと思います。

問題は…


「生きるには結婚しかない」


これを本人ではなく身内に指摘されることが…深刻なメンタルの負担になっているということです。

今回は実家から「早く結婚しろ」とプレッシャーが辛いときの対策を紹介します。




◆両親の悩みの解決策はたった1つ


帰省する度に「早く結婚しろ」という両親の立場を第三者から冷静に見てみましょう。


「悩み」は自分で解決できることと、自分では「解決」できない「悩み」の二つしかありません。


ご両親は読者様が…


「結婚をしない」


という悩みを持っています。

この問題は、ご両親がいくらあなたにプレッシャーをかけようとも解決する問題ではありません。


解決策は一つ。

読者様が「結婚」すること…がご両親の悩みの解決策です。



ご両親は心配のあまり、既婚者の問題が見えていません。

結婚したら結婚したあとの問題がでてくるのも関わらず…世の中周りを見渡せば結婚問題を悩んでいる男女もいれば…結婚後の生活がうまくいかない夫婦は沢山います。

結婚後の「嫁姑」問題は避けて通れません。


既婚者のほとんどが、なにかしらの問題を抱えている方が多い…いや全員が何かしらの問題を抱えています。


読者様がご両親を安心させるため…現在の「実家からのプレッシャー」から結婚し仮に幸せな夫婦生活をおくることができたとしても…ご自身のパートナーと両親の関係がうまくいくかはどうかは別問題です。

最悪本人同士がうまくいっていても…両親とパートナーの問題が原因で離婚・両親と絶縁するリスクがあることを認識しましょう。

笑い話でなく作者は19年間人の悩みを引き出す仕事をしていますが…この問題はどんな幸せに見えるご家庭にもある問題です。


現在うまくいっている関係も…一瞬先は闇です。


…試しに既婚者の方が周りにいらっしゃって良好な人間関係がある場合はお酒をのみながらそれとなく聞いて見るといいかもしれません。



◆実家から「早く結婚しろ」と言われている…現状のメリット

両親の悩み「早く結婚しろ」と読者様にプレッシャーをかけてくるのは読者様を恨んでいるわけでも憎んでいるわけでもありません。

田舎に行けば世間体も原因の1つになりますが「読者様」の将来を案じてのことです。

少なくともプレッシャーをかける要因は「憎しみ」などの感情ではなく「世間体」の環境要因や読者様を案じる「愛情」「心配」など色々な要素があります。

そして読者様が「結婚」をしないことは結婚した後に見渡す限りの既婚者がもつ問題を回避している。

その問題によっておきる実家とのいざこざ…


両親との関係が悪化しないという「メリット」があるともいえます。


仮に結婚をしたとして…パートナーとご両親との関係がうまくいかず…両親との絶縁や本人の離婚という最悪の結果を引き起こすことを回避している状態とも考えることができます。

無事に結婚…その後、両親とパートナーがうまくいかず実家と絶縁…パートナーとうまくいかず離婚…

…気づくと50代後半…よくあるパターンです。

管理人が実によく聞く人生の「愚痴」の一つです。

今の未婚、独身の状態は管理人からすればある意味で親孝行とさえ思います。

本当に幸せになるための結婚のためにはどう「行動」すれば良いと思われますか?



◆三つの結婚にいたる出会いの要素

「出会いがない」と悩む社会人…特に20代後半から30代半ばの結婚要因は三つ。

①「社内恋愛」

②「友人紹介」

③「その他」

この三つです。

社内恋愛は「会社内に異性がいる」ということが必須条件になりますが…読者様と同じように結婚適齢期、もしくは本気で結婚を考えられる異性が身近に存在していることは非常に少ない現実があります。

周りは既婚者のみ。出会う異性も限られている。この状態がほとんどでしょう。

友人紹介にしても限りがあります。

職場の上司、同僚の紹介はいらぬ気を使います。

同級生や同じような環境の知人・友人の紹介では人数や職業に限られてしまいます。

また、社会人になり仕事を一生懸命やればやるほど友人関係を広げるのも至難の業…最近友人という存在がいない…管理人は現実にそういうお客様方と接する仕事をしています。

その他ですが…いきつけのお店の常連さんや店員さんの紹介。

また、合コン、街コン、趣味友、インターネットを利用した出会いなどがあてはまります。

「結婚」を目的とした特化ジャンルなら「結婚相談所」を利用する。

また出会いを応援するサイトで結婚目的の方を多く集め「お見合いパーティー」にを利用する手段もあります。

今年中、今度帰省するまで…

両親を安心させる。

「早く結婚しろ」と言われなくするためには結婚相談所の利用が最適でしょう。



◆まとめ

①実家から「早く結婚しろ」とプレッシャーをかけられるのはご両親があなたを心配…愛情があってのこと。少なくとも憎しみはない。だが「世間体」など読者様自身とは関係ない外的要因がある。

②真面目な読者様は実家から「早く結婚しろ」とプレッシャーをかけられ病んでしまうかもしれないが…結婚したら結婚後の問題が山積みなのが世の中の現状。結婚をしないメリットがある事を忘れずに。

③現在結婚するきっかけの出会いのきっかけは「社内恋愛」「友人からの紹介」「その他」3つのカテゴリーである。婚活にあたり自分にあった出会いの可能性を確認すること。

④今年、来年、次の帰省までなど期間目標がある場合は「結婚相談所」の利用も選択肢の一つ。情報を知り自分の理想の結婚をどうせ悩むなら本気で考えてみましょう。

結婚式画像


無料で自分の結婚相手を診断できるサービスを楽天オーネットでは提供しています。

パンフレットや、診断結果を両親に見せるだけでも風向きは変わるかもしれませんね。

結婚診断は楽天グループの結婚相談所、オーネットから


  • このエントリーをはてなブックマークに追加