読者様こんばんは…静かな夜をお過ごしですか?それとも、賑やかな夜をお過ごしでしょうか?先日ブログ内で紹介させて頂いた自分に興味のない女性を振りむかせる方法 単純接触の原理 心理効果とはが読者様のアクセスが現在非常に多いのでもう少し掘り下げて今回は…自分に興味のない女性を振り向かせる方法 3回「偶然」を作れ!を紹介させて頂きます。

本をよむくま

◆急にですが…「女性が好む」恋愛ストーリー
就職試験の面接会場に向かう彼女は顔をまっすぐ正面に向け堂々と道を歩いていた。
履歴書の下準備は入念に!リクルートスーツに身を包み何度も何度も自分の姿を入念にチェックした彼女は「気合い十分!」

しかし…問題発生っ!目的の面接会場に向かう途中…「あれ?」周りを見渡すと面接会場だと思って向かっていたたビルは…プリントアウトした情報と違う名称…。「やばい…」彼女は見知らぬ場所で目的地を見失ってしまいました。

彼女がとった行動は、身近な男性に「ビルの場所を聞く」という行動。

その場で道を尋ねその場はすぐ別れましたが…後日会社の近くカフェで…偶然道を尋ねた男性と再開。

「以前はありがとうございました」と彼女が話しかけると、彼は爽やかに問いかけます。

「前もあった時もリクルートスーツだったね。就職活動中なの?頑張ってね!」とエールをそえて…

そして、2週間後。見事採用され…緊張の面持ちでオフィスのドアを開けたところ…そこには道を尋ね、カフェで再開しエールを送ってくれた男性がそこにいました。実はそこの会社の先輩社員でした。

「これは運命だわ」彼女が彼に恋心を抱くのは時間がかからなかった。


管理人が女性客に多用する「ネタ」の一つです^^

独身男性がこれを聞くと…「いかにも、物語じみた話しだね」と皮肉をかなり…かなり多く言われますが…管理人のブログを読んで頂いてる読者様はもう気づいてらっしゃると思います。これは今まで紹介させて頂いた恋愛テクニックの応用です。

読者様…女性の多くはこんな「物語じみた」話しの…「運命」「奇跡」といった出会いや恋のきっかけにめっぽう弱いんです。

物語を例にあげましたが…「偶然」が3回続くと、女性は運命だと思い込みます。

読者様…こんな偶然は、待ってるだけでは、まず…いや、絶対に起こりません。読者様も今までの人生を振り返っても…まず経験したことがないと思います。

…読者様…起こらないならどうすれば良いと思いますか?

管理人は読者様に耳元で「こっそり」教えます。

起こらないならどうしますか?


読者様が、「ご自分」で作ればいいのです…。

◆例…会社内の気になる女性を高確率でランチに誘う
読者様…現在多くの既婚者の結婚のきっかけ…「社内恋愛」を例にあげてプロセスを説明します。

例えば…同じ会社内の違う部署に気になる女性がいたとします。まずは彼女の退勤時間を把握しておきます。そして彼女と同じ時間に会社を出ましょう。

1回目の偶然…会話例①

「〇〇課の〇〇さんですよね?いつもこの時間にお帰りになるのですか?」

読者様は事前に調べているので…ちょっと苦しいかもしれませんが…ここは我慢!
いかにも「偶然」を「演じて」声をかけましょう。


2回目の偶然…会話例②

翌日…適当な理由をつけて彼女のいる部署に行きましょう。彼女と顔を合わせたら…
「昨日は…どうも」

声をかけ…
「こちらの部署は最近どうですか?私の課はいま忙しくて…」
必ず最初は彼女に「?」の問いかけをしてから次の言葉にもっていくと、彼女も会話がしやすくなります。当たり障りのない会話を「二、三つ」交わすことが、ポイントになります。

読者様…彼女の」立場にたてば短時間のうちに読者様に二度も会っています。

自分に興味がない彼女の記憶に【ここで】、読者様の記憶がしっかりと刻まれます。

3回目は「仕上げ」…自分に興味のない女性を「偶然」ランチに誘う

さて読者様にここで仕上げ作業に移って頂きます。彼女がよく行くランチのお店を調べておき、先回りして入口付近に座って下さい。あとからやってきた彼女は必ず読者様に目が行きます。「偶然の3回目」ですからね…。

「また会いましたね」と話しかけ…

「よかったらご一緒しませんか?」

と声をかけてあげて下さい。

読者様…彼女の視線に立てば、あくまで「偶然」の産物です。何度となく顔を合わせています。女性特有の警戒心からここまで「仕込み」をしておけば「好奇心」に変化します。

そのため、「ランチを一緒にする」…あっという間に「ランチデート」の出来上がりです。

さてここで…最初に出てきた「女性が大好きな恋愛ストーリー」をもう1度思い出してみましょう。

「やばい…」

彼女は見知らぬ場所で目的地を見失ってしまいました。

彼女がとった行動は、身近な男性に「ビルの場所を聞く」という行動。

その場で道を尋ねその場はすぐ別れましたが…後日会社の近くカフェで偶然道を尋ねた男性と再開。

「以前はありがとうございました」と彼女が話しかけると、彼は爽やかに問いかけます。

「前もあった時もリクルートスーツだったね。就職活動中なの?頑張ってね!」とエールをそえて…

そして、2週間後。見事採用され…緊張の面持ちでオフィスのドアを開けたところ…そこには道を尋ね、カフェで再開しエールを送ってくれた男性がそこにいました。実はそこの会社の先輩社員でした。

「これは運命だわ」―彼女が彼に恋心を抱くのは時間がかからなかった。


ビジネスでは高額な商材、証券…したたかな商人だと生命保険や宝石商などが3回の「偶然」をよく使用します。管理人はお客様の思考にあったビンテージ・モルト・ウィスキーを提案、紹介する際「商品を知ってもらう」偶然、「バックバーに陳列されている」偶然、「記念日、労いの日に飲んで頂く」偶然…男女ともに非常に効果的な「テクニック」です。

ほかにも、同じ会社内や学校内であれば、お昼の売店やコンビニ、彼女が良く使う休憩スペース、談話室など、読者様はいくらでも…「偶然」を作りだすことは可能です。いくらでも「偶然」は作りだすことができます。

自分がドラマの主人公になったつもりで、積極的に偶然を演じることができるのは読者様ご自身です。

◆まとめ
①女性は「運命」や「奇跡」といった出会いが非常に効果的。
②偶然が3回続くと、女性は「運命」だと無意識に感じてしまう。
③「偶然はまず、起こらない」
④読者様は今回紹させて頂いた「自分に興味のない女性を振りむかせる方法 3回「偶然」を作れ!」を知り、偶然を「読者様ご自身」で作りだすことが可能。
⑤結果…読者様が「自分に興味のない女性を振り向かせる」可能性は???

もう1度書かせてくださいね…!

自分がドラマの主人公になったつもりで、「意識的」に偶然を演じ、気になる女性が「無意識」に運命を感じさせることができるのは読者様ご自身です。

「合コン」や「街コン」などの飲み会や、インターネットを利用した「出会いを応援するサイト」、FaceBookの「恋愛、婚活アプリ」などを利用すれば男女の出会いは現在非常に簡単です。3回の偶然を意識してパートナーと連絡することを意識して下さい。

管理人ブログが皆さんの「出会い」「恋愛」の悩みにお役に立てれば幸いです。

画像1021-4


  • このエントリーをはてなブックマークに追加