管理人ブログは恋愛経験が少ない、まったくないといった独身男性のために出会いや恋愛の「イロハ」を書き記しています。

定期的にご覧になられている読者様が少しづつ増えてきて…管理人は嬉しいです^^

今回紹介するのは「飲み会の話題の選び方」です。

恋愛経験が少ない、また…まったくないといった読者様は…飲み会の席で女性と楽しくお話できていますか?

ブログ開始当初は「女性は自分の話を聞いてくれる」男性を好きになる心理や、お気に入りの彼女と仲良くなるノウハウを紹介してきました。

今回は飲み会などのコミュニケーションの…女性が複数人いる場所での会話の選び方を恋愛に苦手意識を持っている読者様に紹介させて頂きます。

今までの過去記事を読んで頂いている読者様は…女性が好感を持つ重要な要素は、顔でも肩がきでもないことに気づいていただけたでしょうか?

女性と仲良くなる最大の要素はコミュニケーション能力です。会話力ではありません。

※関連記事
女性を誘うテクニック デートの承諾率を上げる なぜ「聞き上手」になるのか?
女性があなたを好きなる会話の方法 楽しい会話とは何なのか?

ですが…飲み会という場になってしまうと…どうしても会話で場を盛り上げ、いかに女性「陣」を楽しませることがポイントになってきます。読者様が飲み会の席で…

「やっぱり…あの管理人のヤロウ…偉そうなこといって…会話力必要じゃねかっ」

と感じた時のために…その場の全員が、「同じ話題」で盛り上がるための話題の選び方を解説させて頂きますね。

こまったくま

◆まず避けなければならない話題

気合いを入れすぎて小難しい話し話しや、面白くない自慢話はNG。


管理人ブログの読者様にいまさら説明することはないと思いますが…女性が好きな話題…盛り上がる話題と…男性が「話したい」話題が違います。まして…女性陣との連絡先の交換や「口説く」となるとコミュニケーション方法そのものを根本的に見直す必要があります。

例えば…大学卒業後大手電気メーカーの開発部門で婚活中の30代男性の例を上げます。恋愛ベタ…社会人になってから出会いがない…独身男性。結婚適齢期になり積極的に飲み会、合コンなどに積極的に出席中…彼はこんな話題を女性陣に投げかける…。

「大学時代に、マキャベリの【君主論】に感銘を受けたんだけど…読んだことある?」

「マネー資本主義に変わる、今後の経済の主軸は…」


女性…

「?」

読者様…これはちょっと極端な例えですが…こちらのお客様は自分なりに気合いを入れて…

「自分はこんな知識もあるんだ…すごいだろ!」

「俺は今回同席した男の中でも別格だぜ!…(ニヤニヤ)」

と女性にアピールしている男性です。

「いるよな…そういう奴…」

私はバーテンダー経験19年目ですが、よくこのタイプのお客様を接客しています。

ご自身の過去の話や、仕事の話を話題を女性陣との会話の時間にあてている男性は…

「うんちくや知識をひけらかす男」

レッテル張りをくらいます。

女性陣の脳裏のレッテル張りは非常に強力です。

特に結婚適齢期を迎えた女性は「大人の女性」。社交マナーを心得ています。素敵な女性であればあるほど…


素敵な女性は読者様中心の話題を…「表面上」盛り上げてくれます。

これは、場の空気をにごさないため…幹事の顔を潰さないためです。

読者様が「自分の話題で盛り上がった」=「女性たちが笑顔で相槌をうち話を聞いてくれた」と感じて二次会に誘い…

「明日も仕事なので…」

とお断りを受けたら彼女達の方が数段上手なのです。

女性達と会話する際は…

「うんちくや知識をひけらかす嫌味な男」=自分の経験や過去の話を話題の中心にすることはNG。

ここが重要ポイントになります。

◆飲み会で女性と盛り上がる話題は…?

毎回飲み会で失敗する男性をリアルタイムで観察していると…管理人は…

「どうしてこのお客様は自分の話しかしないのだろう?」

「なぜだ?この人はすべてを否定する…」


こういった特徴があります。女性から「嫌味な男」とレッテル張りを張られないためどんな話題がベストだと読者様は思いますか?

女性陣は…芸能ニュースやテレビの話題の出来事など、内容は身近なネタで十分なんです。

これには「会話を盛り上げる」という明確な目標がありますから…

女性二人以上と会話をする際一番気よつけることは、読者様の目の前に座った女性…「全員が知っている話題」かどうか?です。

例えるなら…

「朝一番のニュースで、〇〇の離婚騒動見たのだけど、あれってその後どうなったの?」

読者様が会話をふると…

「〇〇が一方的に絶縁宣言しただけで、旦那は雲隠れしたみたいだよ…!」

そして…もう一人の女性は…

「違うよ!もう〇〇は離婚届け出したっていう情報があるよ!」

話題の食いつきから、また違う情報をもつ女性が会話に入ってくるといった流れを…自然に「演出」します。

また男性陣からしてみると「こんなのどうでもいいじゃん…おれら幾つだよ…」と思うネタがかなり効果的です。

身近な話題だと…

「卵焼きにかけるのは何?」

「おれ普通にソースなんだけど…」と口火をきれば…

「えっ?普通醤油じゃないの?」と問いかけあり…

「あれ?タバスコオンリー俺だけ?」とボケてみれば…

「え~普通醤油だよ~!ソースとタバスコってありえな~い」

…こういった場の流れは必ず女性は笑顔になります。

また…

「そう?私は朝起きた気分で決めるよ」

「私はどっちでもいいけど、焼き加減は絶対半熟っ!」

こういった、予想だにしない展開に話がふくらむと…後で…

「場が盛り上がる」

と話題につきなくなります。

◆大切なのは…その場全員が同じ話題で楽しく話すこと

自分の話したいことを女性に話すのではなく…飲み会の話題で「盛り上がる」話題の選び方は…

「その場全員が同じ話題で楽しく話すこと」ができる話題です。

恋愛経験が少ない、苦手意識を持つ男性であればあるほど…いざ複数の女性と飲む席で話題に困ってしまいます。

「自分の経験や得意分野の話題」が会話の中心になりがちです。

女性をふくめた集まりには、「自分の経験や得意分野」のお話はしなくてもいいんです。前日にネタを仕込んだり、何を話せばいいんだ?など真面目な読者様は考えてしまいますが…いったん落ち着いて下さい。

「盛り上げるための話題」が思考のスタートになると…大概はうまくいきません。どうしても読者様のお話が飲み会の話題の中心になり…全員参加の会話ではなく…読者様しか知らない話題に向かいがちになります。

恋愛に苦手意識を持つ男性読者様は記事内で紹介した「芸能ニュースやテレビの話題」からスタートして下さい。内容は身近なネタで十分です。

みんなが知っている話題で「笑顔」になることってなにかな?

「笑顔」になる話題を考えると自然とネタが増えてきます。管理人はこれは言い切ります。

男女とも「笑顔」になれる共通の話題のネタは…必ず「飲み会で盛り上がる話題」です。

決してご自身の経験や…自慢話ではありません。

読者様がこの二つを心がけて飲み会に出席するだけで…随分と変化があるはずです。

なぜなら…「人間は自分の話しを聞いて欲しい」生き物ですから…お酒を飲めばなおのこと…。

ここを理解するだけでも、女性との会話から仲良くなる確率は飛躍的に上がります。

◆まとめ
①まず避けなければならない話題…気合いを入れすぎて小難しい話し話しや、面白くない自慢話はNG
②女性達と会話する際…「うんちくや知識をひけらかす男性=嫌味な男」になる。
③飲み会の話題は…芸能ニュースやテレビの話題の出来事など、内容は身近なネタで十分
④飲み会の話題で「盛り上がる」話題の選び方は…「その場全員が同じ話題で楽しく話すこと」ができる話題です。
男女とも「笑顔」になれる共通の話題のネタは…必ず「飲み会で盛り上がる話題」です。

恋愛や女性とのコミュニケーションに苦手意識を持つ方は是非お試し下さい。

乾杯11/2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加