現在恋愛、結婚活動中で「女性には好かれるけど…なぜ?いい人止まりで終わってしまう。

または…友達関係からなかなか次の一歩に踏み出せない。

…最近こんな悩みを抱えていませんか?

吹き出し悩む男性 

管理人ブログの過去に紹介した恋愛ノウハウを取り入れている読者様で…恋愛が久しぶり、恋愛経験が少ない…全くない男性は、おそらく…「ただの友達」から「恋人候補」に昇格するのに壁を感じる頃だと思います。

※関連記事…読者様の気になる女性を「面白いほど動かす」心理術

「ただの友達」から「恋人候補」になるため…読者様お気に入りの女性にいつもと違う刺激…女性に恋心を芽生えさせるための「いじり方」を紹介させて頂きます。

紳士の女性のいじり方


管理人ブログのテーマは一貫し「女性は自分の話を聞いてくれる」男性を好きになる…バーテンダーを19年…来年20年目になりますが…男女問わずこのテーマは接客で重要と実感している会話術の「軸」です。

過去紹介テクニックを一読して頂ければ分かると思いますが…現在恋愛、婚活中の独身男性誰でも簡単に実践できる内容です。

読者様が一番お気に入り女性を口説き落とす上で…苦労するのが「女性に恋心」を抱いてもらう事。

社会人経験の長い読者様は常識ある独身男性はヒントと実例を知れば…管理人をはじめ、多くの接客技術者のように10人中7人から好感を持たれる社交テクニックは簡単に身に付けられます。

女性を「いじる」…この言葉を聞いて「何を…そんな初歩的なこと…とっくに実践しているよ」こういう読者様もいるとは思いますが…管理人が心配しているのは恋愛になれていない独身男性読者様です。

結婚適齢期…アラサ―世代の読者様が同世代女性や、年下女性を恋愛発展のために「いじる」という行為は…正直抵抗がある、もしくは紳士的な嫌みのない「いじり方」の確認になればと思い記事を書かせて頂きます。

若い世代の女性の「いじり方」は若い世代の特徴が…大人の男性…紳士には紳士の「いじり方」があります。

紳士のいたずら=大人の女性の「いじり方」


ユーモアのある会話は豊かな人間関係の要素…自己啓発や、会話にコンプレックスをもつ方にニーズのある書籍などを見ると…「ユーモア」という単語が必ずでてきます。

紳士の女性の「いじり方」は「ユーモア」の延長です。

目的一緒…女性を「クスッ」と一瞬笑わせることです。女性を「いじる」という行為は言葉だけで笑わせることではありません。会話で求められる「ユーモア」と…行動をともなう「いたずら」の違いはここにあるのかも知れませんね…。

そして…管理人ブログの読者様には…女性が一瞬「クスッ」と笑ってしまう…紳士の「いたずら」、これをお気に入り女性に実践して頂きます^^

婚活パーティをはじめ、街コン、合コンなど、社交場でよく聞く「ステキだ」「キレイだ」などの褒め言葉、そして「大丈夫?」「ありがとう」など気遣いの言葉は女性にかけることができれば…女性は勿論嫌な気分はしません。

ですが…言われ慣れてしまうと…物足りなくなってしまうものです。

読者様が女性に「ほかの男性とは違う男」として認識もらうためには…女性を「いじる」ことが非常に重要なポイントになります。

「いじる」という言葉を難しく感じてしまう読者さまは…女性を一瞬だけ笑わせる紳士の「いたずら」と置きかえて下さいね。

  • 紳士の女性の「いじり方」

女性に「醤油とって」と言われたら…「はい…醤油」読者様はわざとソースの入ったを渡してあげて下さい。
ドライブに行く時に、運転するするつもりがあっても…あえて助手席に座るフリをして…

「あ…いつも乗ってる外車と間違えちゃった」

この位でちょうどいい具合のいじり方です…。

この位で十分。

読者様の行動に戸惑っていた女性もクスッと笑ってくれます。


こういった「日常のいたずら」はネットで調べればネタは豊富です。

重要ポイントは「この後」

管理人はバーテンダーなのでお酒の席の例えになりますが…
小柄な女性に対しては…

「小学生は飲んじゃだめですよ(笑)」

と、少しおどけながら…女性をからかいます。
当然…自分を大人の女性と意識している結婚適齢期女性はふくれますが…

「でも…小さい子を見ると守ってあげたくなるんです」

「間」をおいて相手の「目」を見てはっきり言い切ります。

社交場慣れしていない初々しい女性は…ちょっとお洒落なお店に行くと…よく化粧崩れを気にします。
大体感覚的なものなのですが…2時間から3時間に2度以上は大人の女性は化粧室に向かいます。

「大丈夫…体調悪いのかな?」

これが導入…結婚適齢期女性は用を足すとは男性には言いません。必ず「化粧室」という言葉がでてきます。

「今のままでも…十分キレイですよ。座ってもっとお話しませんか?」

少し上記はキザに感じるかもしれませんが…口下手な男性や会話が苦手な方が使うと非常に効果的です

また…これは、管理人の主観ですが…独身男性読者様で現在婚活中、しかも、特定の「口説き落としたい女性」がいるのなら

こういった言葉を自然に出せる「場」。

そういった「場」で…サービスを提供される「自分への演出」は必須になります。


軒先にある一杯飲み屋で作業服で飲みながら女性と語るのと…ホテル「オークラ」や帝国ホテルで食事とお酒を楽しみながら…こういった「口説き方」をするのでは全く意味合いが違いますからね…。

軽い「いたずら」と「からかい」にはすかさずフォローをいれること。

フォローを入れることにより…プラス方向に自然と向かいます。

また紳士たるもの…「いじり+α」をいれ効果的に「場」を利用し…女性が「ドキッ」とする演出をしたいものです。

  • まとめ

①「ただの友達」から「恋人候補」になるためには女性を「いじる」ことが効果的です。
②女性を口説き落とす上で…苦労するのが「女性に恋心」を抱いてもらう事です。
③女性を「いじる」行動は、会話での「ユーモア」と目的一緒です…女性を「クスッ」と一瞬笑わせることです。
④紹介したテクニックを使用すれば…確実にその他大勢のライバルから読者様は一歩、二歩とリードすることが可能です。
⑤女性に恋心を抱かせる…紳士の女性の「いじり方」は「いじり+α」です。記事内で解説させて頂きました。

管理人は読者様に大人の女性を「口説き落とす」ために…「おだてる」ことは、おすすめしません。

現在婚活中、皆さんのライバルの独身男性は…お気に入り女性に対して…「ほめる」「おだてる」ことが…彼らにとっての女性の「口説き方」です。

…本気の婚活を初めても…大多数の男性の恋は成就しません。

女性に恋心を芽生えさせるには…明確に「口説き落とす」ノウハウが必要になります。

また、女性のいじり方を専門に紹介している電子書籍が発売されています。ノウハウを専門に知りたい方は参考にして下さい。
教養本はこちら

※この記事も読まれています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加