恋愛活動をしていて、女性の携帯電話の番号をゲット!女性と連絡を取り合う事はできるようになってもいざ実際デートにお誘いをしたところ…「じゃ、今度時間のあったときね」…これならまだ希望は持てるが…「友達も一緒に」なんて言われたことは読者様経験ありませんか?

インターネットで出会い応援するサイトを利用する場合は女性は出会いを目標に…結婚相談所を利用した場合は結婚を目標にしているのでこういうケースは少ないです。

合コンや街コン、友達の紹介などでは「のらりくらり」とかわすことをゲーム感覚で楽しむ女性も多く存在します。

さて読者様…男女の距離感を自然に詰めるためのテクニックが存在します。これは、セールス、特に悪徳商法に多いテクニック…心理テクニックです。

今回紹介するのは…セールステクニック…「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」です。

本をよむくま

◆「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」とは?

いつもなら結論を先に書くようにしていますが…今回は例えが難しいので…ゆっくり解説させて頂きます。

読者様が大学生くらいの女性に非営利的なアンケートに強力してほしい…お願いをされました。

好みのタイプの女性であり、久しく女性と話していない読者様…彼女はアンケートを書いてもらった後も読者様と会話を楽しんでいます。聞き上手、そして、質問が上手な彼女と話す時間は読者様は楽しいひと時です。

近くで美味しいコーヒーを提供する話題のカフェがあります。良かったら一緒にいかがですか?

二時間程度ですがお互いの連絡先を交換し彼女のほうからこんなお願いをされました。

「次会える時間があったら〇〇さんから誘って下さい。」



さて…次の週に読者様は彼女から高額商品を買う事になりました。

「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」とは、小さなお願いを受け入れると、次の願いを断りにくくなるという人間の心理を利用したセールステクニックです。

上記を読んで「クソ管理人…こんなアホなテクニックで十万こえるような布団買うかよッ!」という方…ネットで紹介されている高額な絵画のセールス、怪しい自己啓発プログラム、教材…身近なところではやり手大手保険セールスマン。セレブ相手な宝石商…この心理テクニックを意識的に利用している業種をあげればきりがありません…。

管理人は一本数十万のワイン、また、ロックグラスに30m注ぎステアして提供するだけで…一杯3万程度のお酒なら日常的に「フット・イン・ザ・ドア」テクニックを意識的に利用し売上を上げていきます。

ここでは男女の距離を自然に詰めるためのテクニックとして「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を応用するためにはどうするかを解説させて頂きます。

◆「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」セールスの応用編

上記の例え話でのエッセンスは…

①小さなお願いの内容…「非営利的なアンケート」+読者様の好みの若い女性
②小さなお願いの内容…「一緒にコーヒーを飲みませんか?」+読者様は彼女に興味が出ている状態
③小さなお願いの内容…「次会える時間があったら誘って下さい」+読者様は彼女を知り次会えることを期待している状態

悪徳商法だと、ここで別なテクニックを使用します。あまり書きすぎると叩かれるので…簡単な例なら…

毎日決まった時間に彼女から連絡がくる。
 ↓
たまに時間のある時に二、三言電話で話す。
 ↓
一週間から二週間ほど続く。
 ↓
パタッと定期的な連絡が途絶える。
 ↓…読者様は決まった時間にくる連絡が途絶えて心配になる。こちらから連絡しても連絡がとれない。
一週間ほど経過したあと…連絡がくる。
 ↓
小さなお願い…「お願いがあるの…(お金の話)」

現在、人に物なり、サービスの対価としてお金を頂いているお客様や、管理人のような接客業の方なら…こんな箇条書きの例えでも…相手の心の動きが手に取るように分かるのではないでしょうか?

三回のyesと心理テクニックを利用したセールスの例ですね。読者様には意識して三回のyesを女性に意識させ、最後にかっこよく決めて貰います。

◆「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」恋愛応用編

前置きが長くなりましたが、恋愛に応用するのは非常に簡単です。

ただ…だれもやっていないだけなんです。

管理人がよく使う手段は…

「〇〇さんのおすすめのレストランありますか?」…これが導入の言葉。彼女がフレンチが好きと答えれば…

「センスのいい〇〇さんには私はかないません。おすすめのお店教えて頂けませんか?」…一つめのお願い。

「この前教えて頂いたフレンチレストラン言ってきました。食前酒、食後種、シガーまで…さすが〇〇さんですね。勉強に…なによりおいしかったです!」…相手を見て言葉を選択しますが、相手を立てて、感想は感動の言葉を感情的に伝えます。

「お店の方に聞いたら姉妹店がオープンするみたいです。よかったら一緒にいきませんか?」…二つ目のお願い。

「きちんとエスコートしたいので、一緒に買い物いってもらえませんか?どうもネクタイの選び方が苦手でして…」…三つめのお願い。

四つ目のお願いは…大人の事情で…内緒にしておきます^^

「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は…小さな頼みごとの段階でYESと言ってしまうと、次の段階で大きな頼みごとをされると、NOと言いづらくなる心理テクニックです。

特に女性はこの傾向が強く現れます。

これは「いい人と思われたい」と男性よりも願望が強い女性特有の心理があらわれているため…管理人は今年20年程度のバーテンダー経験から分析しています。

またこのテクニックがあまり恋愛で使われないのは、直接相手と会って話した時に効果を発揮することがあげられます。

メールやlineなどは女性に考える時間を与えてしまい、断られる恐れがありますが…直接顔を合わせて「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を意識し彼女と話すと…

効果は…読者様次第です。

◆まとめ

①「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は男女の距離感を自然に詰めるためのテクニックです。
②「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」とは、小さなお願いを受け入れると、次の願いを断りにくくなるという人間の心理を利用した心理テクニックです。
③「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は男女の距離を自然に詰めるための恋愛テクニックとして利用できます。
④「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を利用した恋愛、セールステクニックをコンテンツ内にて解説させて頂きました。
⑤「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」を知り…読者様は…読者様次第です^^


現在インターネットが普及し気軽に出会いを楽しめる時代になりました。管理人が出会いが少ない…まったくない方には出会いを応援するサイトで恋愛偏差値を高めるのも一つの方法だと思います。

結婚を真剣に考える読者様には、出会いを応援するインターネットサイトは抵抗があるかもしれません。

そんな時は結婚相談所の無料診断を利用すると、ご自身の結婚したいパートナーのタイプ、実際に結婚相談所を利用するとどんな女性と出会うことができるかが分かります。

参考にして下さいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加