気になる女性ができたけど…デートに誘い方がわからない…。結婚適齢期の恋愛経験の少ない男性、また全く女性と交際経験がない男性が悩む問題です。

その場で勇気を出して声をかけて断られると考えてしまう…こんな男性も多いのではないでしょうか?

バーテンダーの接客術の応用ですが…100%とは言えませんが、かなりの成功率を期待できる『大人のデートの誘い方』を紹介させて頂きます。

イラスト画像1107④

◆「週末に食事に誘う」場合

「この前、すごくお洒落なレストランを見つけたんだ。バリ島の高級レストランをコンセプトに造られた店でさ…店舗内に小さな川が流れているんだ。キレイな本物の花が活けてあって…本当にここは日本なのか?一度行けば分かるけど、リゾート地に本当に行った気分を味わえるんだ。BGMはガムラン、食材は現地から…行ってみたくはない?」

長い口説き文句かもしれませんが…例なのでご容赦下さい^^

当ブログを最初から読んで頂いている読者様は…管理人がブログ序盤でしつこいほど解説した…「女性は自分の話を聞いてくれる男性を好きになる」を心に落とし込んでいると思います。上記例はブログで解説していることを二割程度でも実践していれば意中の彼女の情報を羅列し、そこにある「コツ」を入り込ませた言葉の羅列にすぎません。

前回「カチッサー効果」の利用するとデートの承諾率は飛躍的にあがると解説しましたが…この応用、そしてブログで説明している「女性の話を聞く」を土台にした「口説きのテクニック」です。

「カチッサー効果」と、プラスアルファで〇〇を刺激すると…デートに誘った時、高い確率でその場で「OK」を貰うことができます。

「カチッサー効果」の解説では「理由」をつけてデートを誘う心理テクニックを解説しましたが…ここでは何故?そこにプラスアルファを〇〇を付け加えるのか?どうやって〇〇をする言葉を事前に準備するのかを紹介したいと思います。

◆『モダリティ』を刺激する誘い方

あまり聞かない言葉ですが…『モダリティ』という言葉があります。簡単に説明すれば、私たち人間は会話から脳で情報をイメージし映像を頭で浮かべ想像力を働かせ五感を働かせ言葉を認識しています。

その場でOKと言わせるデートの誘い方とは…「彼女の五感を刺激する誘い方」です。

言いかえれば…「実際に体験したような気持ち」を相手に起こさせるということです。

管理人をはじめ、接客、カウンセリングなどで使われているテクニックですが、販売、サービスの提供で成功率の高いスタッフは…「五感を刺激するセールス」…誘い方に応用すると、「五感を刺激する誘い方」が自然と会話の中に習慣づけられています。

よく口下手、誘いベタ…女性経験が全くない相談者の方から「デートの誘い方」のコツを質問されますが、話し上手になる必要はありません。また、面白い話をする必要もありません。と断言すると不思議がられますが…上記例の誘い文句は相手の趣味、嗜好、習慣を会話の中で拾っていけば夜寝る前3分もあればどんな会話ベタな人でも「誘い文句」は準備することは非常に簡単なのです。

例をあげるなら…

「週末時間が空いていたら…食事でもどうですか?」

「この前、すごくお洒落なレストランを見つけたんだ。バリ島の高級レストランをコンセプトに造られた店でさ…店舗内に小さな川が流れているんだ。キレイな本物の花が活けてあって…本当にここは日本なのか?一度行けば分かるけど、リゾート地に本当に行った気分を味わえるんだ。BGMはガムラン、食材は現地から…行ってみたくはない?」

読者様の意中の彼女が、バリ島の旅行経験があり大変感動した経験があり、会話の中で「もう一度行ってみたい!」と聞いていたら、①と②…どちらが彼女はデートの誘いを受けやすいでしょうか?

◆誘い文句は二段構え

上記②の「五感を刺激する誘い方」ができれば…かなりの高確率でその場で「OK」は貰えます。

これはモダリティを刺激する、言いかえれば五感を刺激し彼女が想像力を働かせているためです。

読者様の意中の彼女は…頭の中で思い出のバリ島を思い出し…高級リゾートのレストランでゆっくりと寛ぎ、お洒落なレストランでおいしい料理を食べ、「プラス」の感情が心を支配します。彼女が…

「面白そう!なんだか行ってみたくなっちゃった!」

ここまでくれば…もう一押し。

「直営の農場から仕入れたフルーツのカクテルも人気なんだって、俺も行ってみたいんだけど一緒にどう?」

最初の誘い文句の他にもう一つだけ、彼女の好きそうな言葉を準備してあげるのが管理人のテクニックです。

管理人ブログで紹介させて頂いた会話術を使用していれば三段構えは必要ありません。二段構えで彼女の感情が昇らなければ…紳士はその場を引いて下さい。女性は繊細です。

気になる女性をデートに誘いたい。その場で女性が思わずOKするような、魔法のような誘い方はないものか…?

こんな話題が管理人の酒場では会話のネタになっています。そして、結果を出しているお客様が多数います。読者様の恋愛活動、婚活を感r人は応援しています^^

◆まとめ

①その場で女性が思わずOKするようなデートの誘い方は「彼女の五感を刺激する誘い方」である。
②五感を刺激するデートの誘い方とは、「実際に体験したかのような気持ちにさせる」誘い方である。
③会話が苦手、話すことが得意でなくても…デートの誘い文句の準備は簡単である
④モダリティが刺激されるデートの誘いを受けた彼女は、そのデートが楽しい!とその場で事前に楽しんでもらうことができる。
⑤管理人のバーテンダー会話術のポイント、コツはコンテンツ内に…^^


追記…人が疑似体験を覚える際に働く想像力として、「視覚的」「聴覚的」「臭覚的」「味覚的」…「感触的」の5つしかありません。

今回の記事内、会話例は視覚、聴覚、味覚の3つを言葉にしたものです。難しく感じるかもしれませんが、効果は「絶大」です。またセールステクニックとして応用がききます。

また後日ブログでお会いしましょう^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加