「今度、飲みにいこうよ」

30代、40代の独身男性が女性を誘う時に、このような誘い方をしていませんか?

管理人はバーテンダー生活19年目です。女性を誘うためにはどんな言葉を選んだらいいですか?などお酒を提供しながらお客様のお話を聞いています。

逆に女性からこんな相談を受けることもあります。

「よく、飲みに誘われるのだけど…どんな風に断ればいいと思う?」

読者様がお気に入りの女性と距離を近づけるためにはどんな風に二人の時間を作りだせばいいでしょうか?

イラスト画像1107⑤



◆『今度の飲みに行こうよ』…女性の本音を聞いてみました^^

結論を先に書きます。

『下心を感じる誘い方』

…これは男性側からするとかなり深刻です。

社交辞令でお誘いして、下心が全くない場合は損をしてるとしか言えないですね。

私が最近カウンターで接客しながら最近感じることがあります。

女性客に多く感じるのが、全くお酒を飲めないというタイプ。

そして、あまりお酒が飲めないタイプ。


のべ100人ほどそれとなく…男性から、『今度、飲みに行こうよ』と誘われた時、どんな風に感じますか?と質問したところ…

「飲みに行く⇒時間帯は夜⇒飲み行く⇒お持ち帰り?」

という警戒感を感じる女性もかなりの割合でいらっしゃいました。

『今度、飲みに行こうよ』

この言葉はあまり成功率は高くないみたいですね。


高嶺の花と感じる女性や、仲良くなりたい女性がお酒を飲めない可能性も少なくはない。

そして…


「飲みに行く⇒時間帯は夜⇒飲み行く⇒お持ち帰り?」


こんな風に下心を抱かせずに気になる女性と仲良く時間を過ごせる誘い方はどんな誘い方だと思いますか?

本をよむくま 



◆「夜の飲み」より「昼のスィーツ」を女性は喜ぶ

誘い方の例しては…

「キルフェボンのブルーベリータルトを食べてみたいんだけど、一人じゃちょっと抵抗があるんだよね…一緒に行ってくれないかな?」

お酒が好きな女性より、甘いものが好きという女性は多いですね。

夜の飲みは警戒感を感じてしまいますが、ケーキは昼間の時間帯ということと、スィーツが嫌いという女性が少ないことを考えると、成功率は非常に高いです。

スイーツが大好きな強面(コワモテ)のマッチョ有名人は女性に人気が高いですね。

俳優だと的場浩司さんやプロボクサーの内藤大助さんは女子会でよく名前が出てきます。

個人的にはプロレスラーの真壁さんが管理人は大好きです。

手堅く初デートに誘うなら「夜の飲み」よりも「昼のスィーツ」のほうが女性に警戒感、何よりストレスを感じさせず自然に誘いに乗ってくれると思います。

高嶺の花と感じてしまう、モテる女性を誘う手段としても有効です。

言葉や誘い文句を沢山知っていると人生が楽しくなるかもしれませんね。

イラスト10/29-3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加