ネットを利用した出会いの始め方は気軽に今すぐできる手軽さが魅力的ですね。実際に顔を合わせてからからの出会いは第一印象ですべてが決まるといってもおかしくない風潮があります。メッセージのやり取りをしながら趣味が合う、考え方など個人同士で話があうパートナーを見つけてから会うことができます。外見ではなく人間性や、性格を入り口にできることがネットの出会いの人気の秘密かもしれませんね。

カップル バレエ
  • 結婚相手をみつけたきっかけ ネットの出会いは一割強

20代~30代の既婚男女600名に対し行った調査、「あなたは、パートナーとどこで出会いましたか」。のアンケートではネットでの出会いが9,2パーセントを占める結果となりました。Twitter(ツイッター)、facebook(フェイスブック)といったSNSは別にランキングされています。SNSが結婚のきっかけになったのは全体の2%で11位という結果になりました。

■ネット婚活、やっぱりじわじわキテる!? ネットでの出会いは1割越え
3位には「インターネット」が。現代ならでは!? と思いきや、前回の調査でもランクインしていました。
順位こそ4位とやや下げたものの、割合は9.7%と、僅かながら2年前の方が多い、という結果に。
しかし、今年11位に入った「SNS」は、2年前の調査にはない回答。これを含めるとネット関連の出会いは1割を超えることになり、婚活市場にも徐々にネットの波が押し寄せていることが想像できます。

※引用元…アメーバニュース>やっぱり定番!「結婚相手との出会い」不動のツートップとは

ネットでの出会いとSNSの出会いを合わせると全体の一割を超えるしめる割合です。SNSやネットの出会いは職場恋愛や、友人、知人の紹介と違い身近な人間関係のトラブルに発展する可能性は低いのですが、外見を確認してから会うわけでもなく、事前に情報がないため本当に信用できるのか不安になる要素もあるのがデメリットかもしれませんね。

ネットの出会いの作り方


ネットの出会いの作り方としては恋人を作りたい人が集まる出会い系SNSの登録が一般的です。出会い系SNSは目的別で利用者が分かれる傾向にあります。真面目な婚活、趣味友作り、何となく…年齢的にもサイト毎に特徴があります。Twitter(ツイッター)では相互フォローするとダイレクトメールが送れるのでTwitter(ツイッター)で知り合って食事というケースも多いみたいですね。

真面目な婚活、恋人作りサイトでは…pairs ワイワイシー 出会いネット(18歳以上) などが有名です。

facebook(フェイスブック)のマッチングサービス最大手、mixiグループが母体、またはお見合いパーティを定期的に開催しているなど上記三社は特徴があります。「ネットで出会うのは…」「うまくいかなったらどうしよう」マイナスにとらわれやすいネットの出会いですが、自分とは全く違う環境、人間観関係を築くことができるのは多いなメリットです。

何かをチャレンジする時に、スタート時点では不安な気持ちになるのは誰でも一緒です。恋愛対象を今の環境に見つけられない人は一歩だけ前に出る勇気をふりしぼって挑戦するのもありかもしれませんね。

大手SNSの登録先


誰もが知ってる大手SNSとしたらTwitter(ツイッター)、facebook(フェイスブック)の二つがあげられます。Twitter(ツイッター)は実名登録することなく登録できるSNSです。つぶやき(ツィート)と呼ばれる140文字以内のメッセージを利用することができます。日本では2015年12月の一か月でのべ3500万人のアクティブユーザー数がログインしたことが発表されています。30,40代のユーザーも多いことが特徴です。

Twitter(ツイッター)…https://twitter.com/

facebook(フェイスブック)は基本的に実名で登録し、日記や写真などを送る機能があります。自分が興味をもった情報に「いいね!」をする。また、「いいね!」を返し交流を深めていきます。

facebook(フェイスブック)…https://www.facebook.com/

出会い系SNSは出会いを求める男女が集まるマッチングサイトです。ネット恋愛に抵抗がある方でも、サイトの個性や、登録後にどんなパートナーが登録しているか確認をするだけでも不安な部分が無くなるのではないでしょうか?20代から50代真面目に出会いを探している方が登録しています。今後ネットの出会いがもっと主流になる可能性は高いのではないでしょうか?。

※関連記事…出会い系初心者のためのサイトの選び方 本当に出会えるサイトとは?

恋人作りSNSに登録してみよう


自分の目的にあった出会い系SNSが見つかったら複数のサイトに登録してみましょう。ここでのポイントは目的に合わせたサイトを 選択することです。外見を気にせず内面重視でコミニティに参加がしたい。facebook(フェイスブック)からの出会いを探したい。お見合いパーティのようにパートナーと直接お話しをしてフィーリングを確認したい。出会い系SNSは一部登録者が重なっている場合がありますが、大手マッチングサービスサイトは大手では500万人以上の登録者がそれぞれいます。

二つ以上の登録をしていれば、出会いの数はかなりの数になります。ツールとしてスマホはもちろんですが、facebook(フェイスブック)を利用した出会い系SNS、パソコンでの機能・コンテンツが強いサイトを使い分けることで登録者の年齢層、目的別で出会いの幅を広げることができますね。恋人作りのきっかけチャンスもどんどん広がっていきます。

本名は教えるべき?


出会い系SNSでは基本的に本名を名乗る必要はありません。サイト別に“ニックネーム”を使い分けることが出来るので二個以上のサイトに登録しても同一人物とは相手には分からない仕組みになっています。真剣な恋人探しですが会ってから本名を知るパターンがほとんどです。サイト内のメッセージのやり取りでは本名、住まい、仕事、人間関係のことは一切情報は書かれません。登録時に記入するプロフィールと自己PRの文書のみが検索結果に表示されます。出会って、良い人間関係が築けると感じた時点で本名を名乗れば問題はないんですね。

  • 理想の相手を探すためには?

出会い系SNSが人気の理由はプロフィールからの検索機能が豊富なためです。年齢、体型はもちろんですが趣味、職業などでも理想の相手を探すことができます。各出会い系SNSでは日記機能、目的に合わせた掲示板の書き込みで新しいコミニティを作ることが一般的。結婚相手募集や、恋人募集はもちろんですが、“趣味友”“ランチ、ディナーに行こう”など積極的な出会いをすることも世代に合わせた人気の秘密かもしれませんね。

SNS・ネットの出会いが恋愛に発展


現在の既婚者の出会いのきっかけは、ネットでの出会いとSNSの出会いを合わせると全体の一割を超えるしめる割合です。内面重視で慎重に恋愛をすすめたい方、外見にとらわれずメッセージのやり取りから心の距離を埋めて実際に出会うことが人気の秘密だとしたら、既婚者の一割強が第一印象の見た目でとらわれずに結婚を望んだのかもしれませんね。「インターネットで知り合ったんだ」、「SNSが知り合うきっかけになりました」SNS・ネットの出会いが恋愛に発展することは周りの既婚者やカップルに出会ったきっかけを聞いてみると既に珍しくない時代です。

本当に恋人を作ることはできますか?


「本当に恋人を作ることはできますか?」既婚者アンケートからもSNS・やインターネットを利用した出会いは実際に恋人を作ることですは可能です。誰にでも男女問わず出会いのチャンスを広げることができるのがネット出会いの一番のメリットです。SNSの共通の趣味から、お気に入りの音楽が一緒でした。など共通点や趣味からコミニティを広げることが“知り合う”から“恋人”へのステップアップを早める要因かもしれませんね。共通の趣味、話題があれば心の距離はぐっと近づいていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加